スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リン

リン
元素記号 P
元素番号 15


リンはカルシウムの次に多い栄養素です。

不足すると骨軟化症などが起き、
欠乏になるとくる病を引き起こします。
しかし、現代の食生活では一般に不足することはなく、
むしろとり過ぎが問題です。
原因のひとつに、リンを多く含む食品添加物が加工食品や
清涼飲料水などの酸味の素として使用されていることが
あげられています。

丈夫な骨をつくるためには、
カルシウムとリンのバランスは1:1といわれています。
丈夫な骨のためにカルシウムをしっかりとることは
みんなが知っていることですが、
一方でリンをとり過ぎないことも重要なのです。
カルシウムとリンのバランスを1:1に近づけることが
健康に繋がります。




□■スポンサー広告□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
お買い物ならamazon
5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□スポンサー広告■□

テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

亜鉛(あえん)

亜鉛
元素記号 Zn
元素番号 30


亜鉛は味覚を正常に保つのに働き、
また皮膚や粘膜の健康維持を助けます。
たんぱく質の合成や遺伝子情報をの転写に関わっているので、
細胞の生まれ変わりには亜鉛が必要とされます。
またインシュリンの合成や作用に必須のミネラルです。

亜鉛が不足すると味覚障害が起こる可能性があります。
特に食事療法によるダイエットは亜鉛不足が問題とされます。
高齢者での亜鉛不足は、床ずれの回復が遅れたり免疫力の
低下につながるといわれています。

亜鉛は1日10mg必要とされています。
サプリメントなどで誤ってとり過ぎた場合は、
同じミネラルである銅の吸収を阻害して
銅欠乏性貧血など過剰症が起こる可能性があります。




□■スポンサー広告□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
お買い物ならamazon
5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□スポンサー広告■□

テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ナトリウム

ナトリウム
元素記号 Na
元素番号 11


ナトリウム(食塩)はその大部分が血液や
リンパ液などの細胞外液にあり、
細胞と細胞外液の浸透圧を一定に保ち
神経、筋肉の働きを調整する働きがあります。

ナトリウムを過剰に摂取すると尿として体外に排泄し、
少ないと腎臓によって排泄を抑制します。

ナトリウムが不足すると、体のランスが崩れ筋肉が痙攣を起したり、
痛みを感じたりします。

体に必要なナトリウムの量は、食塩でいうと3~5gといわれいます。
日本人は1日約12gの食塩をとっていると言われています。




□■スポンサー広告□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
お買い物ならamazon
5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□スポンサー広告■□

テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

カリウム

カリウム
元素記号 K
元素番号 19


カリウムは細胞の内部や細胞外液に存在し、
吸収が大変穏やかで摂取することが難しい
ミネラルです。

カリウムは、ナトリウムと共に、血圧の調整や
細胞を正常に保ち、ミネラルバランスを維持する
のに役立ちます。
また、脳卒中の予防、骨密度の増加にも役立ちます。

ナトリウムは取り過ぎると高血圧の原因になりますが、
カリウムには血圧を下げる働きがあります。

カリウムが不足すると神経や筋肉のコントロールが衰え
脱力感や心臓の働きが悪くなるので注意が必要です。

過剰に摂取しても肝臓で排出される為、
体内の濃度は一定に保たれています。



□■スポンサー広告□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
お買い物ならamazon
5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□スポンサー広告■□

テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

マグネシウム

マグネシウム
元素記号 Mg
元素番号 12


マグネシウムはカルシウムと同様で骨に多く
約60%も含まれています。
カルシウムとマグネシウムを一緒に摂取することで、
カルシウムの吸収を促進します。
マグネシウムには、神経の興奮を抑えたり、
エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの
重要な働きがあります。

不足すると、骨から遊離し、長期にわたって摂取量が
不足すると、手や足、顔のむくみが現れてきます。
最悪の場合、骨粗しょう症、心疾患、糖尿病といった
生活習慣病のリスクが高まる可能性が示されています。

一日の摂取量は、大人の場合300~350mgが推奨されています。
取り過ぎた場合には下痢になる可能性があります。



□■スポンサー広告□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
お買い物ならamazon
5GBで月額250円~!FC2レンタルサーバーLite!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□スポンサー広告■□

テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

りんく!!

Author:りんく!!
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ

一覧
水のお役立ち情報
昭和の名水百選
平成の名水百選
硬水と軟水
水素水、活性水素
アルカリイオン水
ミネラルの成分と効果

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーについて
サーバー選びのポイント

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。